かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

心、亡くすなかれ

忙しいとは「心を亡くす」と書く。

良く聞く言葉だが、本当にそう。と最近しみじみ思った。

ばたばたとやる事だらけで、夜中(早朝?)3時4時に就寝。
睡眠時間3〜4時間が続いて頭もぼ〜っとしながら
ハードなスケジュールをこなしていると
感情の感覚が麻痺して来るのです。

いつも心の奥底に感じる機微に富んだ情が見当たらない。

ふとした事で襲われる感情の波や、
灯火のように温かな愛しい想いとか、
希望に満ちた情熱など
どこへ行ったのだろうかと、不安になるほど
本当に心が亡くなって来るのです。

とにかく目の前のやるべき事を機械的にこなそうとする
余裕のない殺伐とした空っぽの心になってしまう。

あんまり時間と体力に余裕がありすぎると
今度はそういった感情の波にのまれすぎて、きつくなる事もあるから
わざとやる事を増やして、感情に意識が入りすぎないようにする事もあるけれど、
まったく何にも亡くなると、こんなにもつまらない物なのだ。

私達は色々な経験をする為にこの世に生を受けて来た。
喜怒哀楽。様々な感情は人間の証。
それらは味わう為に存在し、味わい経験する事で人として成長して行けるのだ。

辛い感情に襲われると、もう逃げ出したくなるのだけれど、
全く亡くなるよりも、あったほうがいい。
胸がキュンと締め付けられる感覚も愛しく思えて来る。

どんなに忙しい日常に流されても、
心だけは胸にとどめておきたい。
[PR]
by yuka-729 | 2012-01-28 14:59 | Spirituality | Trackback
トラックバックURL : http://yuka729.exblog.jp/tb/15340760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。