かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

身体と社会に必要なもの

飽食の時代にあって、食べ物に困るはずが無いのに、
実はとても困っている人達が多くいます。

何が困るって、お腹いっぱいにはなるけれど
身体に必要な栄養素を取る事が出来ずに困っています。

現代は食べ物が豊富にあり、人の「欲望」の部分の食欲は満たされるけれど、
身体に本当に必要なビタミン、ミネラル、酵素などが大きく不足しています。

飽食の中の栄養失調。
実にアンバランスで、異様な事態です。

フルタイムで働いているキャリアーウーマン
単身赴任のお父さん。。。

忙しくて料理はおろか、買い物をするヒマも無い人達。。。

自炊が出来ずに、
ほとんど3食を外食か中食に頼っている人達の食生活の現状を
最近良く見聞きするにつけ、
やるせない気持ちになります。

朝食はカフェでコーヒーと一緒にパン類をかじり、
昼は社員食堂や近所の定食屋があれば良い方ですが、
それらが休みの時にはコンビニに頼らざるを得ず、
夕食は飲みに行くか、時間がなければ軽く缶ビールとおつまみをかじるだけ。。。
それが当たり前で、べつにそれで良いと思っている人も多いですが、
キチンとした食事をしたくても、入手出来なくて困っているひとも沢山います。

これでは、身体の活力をチャージ出来なくて
どんなに寝ても疲れはとれません。
日頃の仕事の疲れが蓄積して、どんどんすり減る一方です。

日本の食品業界はこんなにも盛んで、食料も豊かなのに、
その栄養的な内容を見ると、実に貧しいものです。
市販のお惣菜の多くは
味付けが濃く、化学調味料や添加物や砂糖が当たり前に使われ、
保存・防腐処理の為に薬品が沢山使われている。。。
外食では野菜をたっぷり摂るのが難しく、脂質や炭水化物に偏りがちになる。。。

便利なはずの世の中ですが、
深く掘り下げてみると、実に多くの問題をはらんでいます。

自炊をするのがベストですが、
色々な事情で、どうしても出来ない人がいる。
その人達の為に、どのような食事の提案をして行けば良いのか?
その事を最近強く考えます。

食品を提供しているお店やメーカーは
もっと国民の健康の為に真摯なもの作りをすべきです。
コストや流通第一で身体に良くない食品を世に送り出すのはとても無責任だと思います。

不景気対策、医療費問題をあーだこーだと言う前に、
この食料事情をなんとかしないといけないのではないでしょうか?

一生懸命働く人達が
満足な食事が出来ずに、健康を害して行く。
それは、社会の根幹に深く関わる事ではないでしょうか?

いつでもどこでも手軽に入手出来て
エナジーをきっちりチャージ出来る安心・安全な
美味しい食品をもっと世に送り出さなければいけません。

その為にはどうすれば良いでしょうか?

食品業界の方々、一緒に考えて行きませんか?

食こそが、人を作り、社会を作る基礎になるのですから。
[PR]
by yuka-729 | 2012-08-30 16:21 | Beauty&Health