かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

幸せホルモン

赤ちゃんにお乳をあげる時は
ちゃんとだっこして、赤ちゃんの顔を見ながら
お乳をあげる事に集中していないと
大切な愛情ホルモン=オキシトシンがキチンと分泌されないそうです。

オキシトシンは母子間などのスキンシップによって分泌されて
他人への信頼や愛情を形成するためにとても重要だそうです。
人間同士の結びつきを深めたりコミュニケーションを円滑にしたり、
ストレスを軽減させたりする為に役立つ
幸せホルモンだそうです。

授乳中にスマホいじったり、テレビ見たり、、、しがちですよね。
もっとひどい時には哺乳瓶を何かで支えて、
赤ちゃんを抱きもしないで、ただエサのように授乳していたり。。。
今日は、レストランの隣の席で、そんなお母さんを見ました。
これでは、オキシトシンは分泌されません。

自分の事を思い返すと、そのお母さんの気持ちも分かる。
自分のおしゃべりやお食事に夢中になって
赤ちゃんの事は二の次になる。

自分自身、時を戻せるなら、育児の上でやり直したい事は山ほどある。

若いお母さんは、人としてまだまだ未熟。
育児に対してあまりに無知。
周りで、あれこれ智慧を授けてくれる大人が必要です。
子育てとはコミュニティ全体でサポートして行くべき物だと思います。

今日見たお母さんも、悪気があってそうするわけではないのです。
そうすれば、楽だし、手間が省けると思っているだけ。
授乳の時間がその赤ちゃんの発育に、
いかに影響し、かけがえのないものかを知らないだけなのです。

どうして、世の中はその事を教えないのだろう。

そして私たちは、そのお母さんの行いが、気になりながらも
口出し出来ずに傍観していた。

すべてひっくるめて、これが今の日本の教育の一番の問題かもしれない。

テストの点数を取る事は出来ても
人としてどう生きるか、
命を育むとはどういう事か、
は何も知らない。

コミュニケーション能力の低い若者を作っているのは
社会そのものではないだろうか。
そしてそれはそのまま、社会の衰退に繋がる。

自分自身、答えの見つからない問いをモヤモヤ抱えながら、、、
出来る事から行動するしかない。。。と思いながら、
未来の光である赤ちゃんの幸せを願う。
[PR]
by yuka-729 | 2013-06-25 22:49 | Spirituality | Trackback
トラックバックURL : http://yuka729.exblog.jp/tb/19056057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。