かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

コミュニケーションの要

ひょんな事からアメリカ人の若者と知り合い、お友達になった。

味噌スープが大好物で、日本の食文化に興味があると言うから
家に呼んで、一緒にお料理したり、外出したりして
丸一日一緒に過ごした。

私の英語も、最近使う機会が増えた事で、だいぶ上達したとはいえ
まだまだ不便さの残る中、頭をフル回転させて英会話を重ねた。

するとある事に気づいた。

言葉が不自由だと、懸命に伝えようとするし、理解しようとする。
お互いに強く関心を寄せ、気遣い、丁寧なコミュニケーションがなされる。

言葉が不自由な方が、深く相手の心に触れる場合もあるのだな、と。

日本人同士、当たり前に言葉が通じると
相手の気持ちに無頓着になったりして
言葉の先だけ、上辺だけの
雑で軽薄なつきあいになっている事も多いと思う。

どんな相手にも、丁寧に言葉を選び、
相手に関心を寄せて、
心ふれあうおつきあいが出来ればステキですね。

そして、もうひとつ発見が。

そのアメリカ人の若者と、D君宅へお邪魔し、夕食を共にした。
D君はあまり英語を知らないのだけれど、
ひるむ事無く、簡単な英単語を日本語の助詞で繋げるという独特の手法で
英会話に加わって来た。
これが意外と通じるんですよ!
歴史や社会問題など、難しい話題にも関わらず、
だいたい6〜7割は伝わって会話が成り立っていた。

大切なのはテクニックではなくて、
お互いに伝えたい、交わりたい、理解したい
と思う気持ちなんだという事を見せてもらいました。

相手に関心を寄せる事はコミュニケーションの要なんだな〜。
[PR]
by yuka-729 | 2013-06-25 23:19 | Spirituality