かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

大掃除

私は家事の中で掃除・整理整頓が一番苦手です。
ずぼらな質なので、汚れや散らかりが気になってもなかなか重い腰が上がらない事が多いです。やり出したらきちんときれいにするのですが。

そんなこんなで、新居に引っ越しして約3年、台所の棚や引き出し、居間の収納庫等はうまく整頓されないまま放置されていました。
2階の屋根裏部屋にいたっては引っ越し以来段ボールを突っ込んだままほとんど手つかずで、混沌の極みになりかかっていました。
11月に実家の母が久しぶりに遊びにきた時にその散らかり加減、汚し具合にチェックが入り、耳の痛い言葉を頂いてしまいました。
「わかっちゃいるけど〜〜」忙しさを理由に避けて通ってきました(泣)

どうすれば効率良く整理整頓出来るのかなかなかイメージできないんですよね〜〜。閃きが無いのでイメージが浮かぶのにすごく時間がかかる。
他の創作ならば簡単にイメージできるのに。そこんところが苦手たるゆえんです。

でも、母のチェックを受けてからエンジンがかかったのか、結構いい感じにイメージが湧いてきて、台所も収納庫も屋根裏部屋もそれぞれ1日ずつかけてすっきりさっぱりと整頓できました。ゴミもたくさん出ましたよ〜〜。

それから、掃除もがんばっています。
掃除で一番憂鬱なのが、窓ふき。
拭いても拭いても拭きムラが取れなかったり、雑巾の毛羽が付いてしまったりしてなかなかピッカピカにすることが出来ない。
でも、家事の本に書いてあった「新聞紙で拭く」を実践したらすごく簡単に奇麗になったのですごくやりがいが出ました。
軽く湿らせた新聞紙を丸めて汚れを拭き取り、すぐさま乾いた新聞紙で乾拭きするとムラも毛羽も残らず、ピッカピカです。汚れのひどいところは窓ふきワイパーや酢酸液などを併用すると効果的です。使った新聞紙はポイポイ捨てればいいので、雑巾を洗う手間も、河川を汚す心配も、水を無駄遣いする事もなく、とても便利です。
この、新聞紙を使う方法は大学生の時から知っていたはずなんですが、その実力の高さには気付いていませんでした。

調理台の油汚れには重曹水が素晴らしい仕事をしてくれます。シュッとひと吹きしてサッとひと拭きすれば、ホコリと油が混じったベタベタ汚れも一発でスルッと取れます。これは数年前から愛用している方法です。

2階や階段の掃除は掃除機を持って上がるのが手間で面倒でしたが、市販のお掃除便利グッズを2階に置いておいて、気が付いた時にサッとホコリを取れるようにしておきました。

こうすれば必ず簡単に奇麗になる!という必殺掃除術を心得ていると掃除が億劫でなくなり、やる気も出ますね。
年の瀬に私の苦手分野が一つ改革されて、苦手意識が少し和らぎました。

やはり家の中がこざっぱりとしていると気分がいいものです。
家が奇麗だと福も沢山やってくるとか。
特に玄関とトイレは重要です。
夫は良く「玄関奇麗にせんと金入って来んぞ」と言います。
巷では「トイレ掃除錬金術」なるものがささやかれていますよね。
トイレにはうすしま明王様という神様がいて、この神様は財宝の詰まった大きな袋を担いでいるそうです。毎日トイレを掃除してピカピカにしているとうすしま明王様が財宝の一部を分けてくれるそうです。
トイレの中に「うすしま明王様ありがとうございます。」と紙に書いて貼っておき、掃除する時に「おん くろだのう うんじゃく そわか」と唱えると効果的だそうです。
信じる?信じない?やるのはタダだし、やっても損はしないよね。
何事にも感謝するのは大事だし、最近私はトイレで用を足す時も「明王様ありがとう」と心に唱えています(笑)
ご褒美があるとなればトイレ掃除にもがぜんやる気が湧くと言うものです。

ピカピカの家に沢山の福が舞い込みますように。
来年が幸せに満たされますように。

今年も一年ありがとうございました。
[PR]
by yuka-729 | 2008-12-29 16:24 | Life | Trackback
トラックバックURL : http://yuka729.exblog.jp/tb/9126985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。