かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Life( 66 )

お餅にピッタリな米飴の醤油

d0129736_16281747.jpg
白山市の農家さん「六星」さんのご依頼で、輪島の谷川醸造さんと一緒に作ったお餅用のお醤油です。
レシピを担当しました。

お餅にピッタリなほんのり甘いお醤油です。
甘味にはもちろん白砂糖は使わず、
米飴をベースにほんの少してん菜糖を使っています。

六星さんの美味しいお餅にピッタリです。
お餅だけじゃなく、ほうれん草の和え物とかお料理にも重宝しそう。

六星さんではギフト用のセットにして販売されていますが、
単品でも購入可能ですよ。

お正月に向けて、いかがですか〜?

d0129736_16331825.jpg

[PR]
by yuka-729 | 2013-12-03 16:34 | Life

食育を考える

金沢市の給食を変えたい。

現代において、給食は食育の一環とされていますが、
その実態は食育からはかなり遠い所にあると感じています。

時代遅れの栄養学。
経費削減のための効率化。
それによって行われる行き過ぎた衛生管理。
ちぐはぐな献立。

味噌汁が出されるのはせいぜい月に2〜3回。

昔は各学校ごとに厨房で作られていた給食も
時代と共に効率化が計られ、大きな共同調理場で作った物が
配給されるようになった。

食品は一度にあつかう量が多いほど、
衛生面でのリスクが上がる。
その為に徹底した消毒滅菌が行われる。
野菜はすべて塩素消毒されている。
塩素消毒された野菜に、
一体どれだけの栄養価値が残っているのでしょうか?
プールと同じ薬剤で消毒された野菜を
我が子に食べさせたいと思う親が居るでしょうか?

なぜ、子供達の教育への出費を惜しむのでしょう。
教育とは知育、体育、そして食育の3本柱で成り
知育、体育を支える大黒柱が食育なのです。

キチンと栄養を補給しないと
頭は回転しないし、身体も動かないし、
心も穏やかではいられません。
おぎゃ〜と生まれたその日から
人は口から栄養を補給し、生きる糧とします。
口にするものひと口ひと口が細胞を作り、
身体を造り、心を育み、
そして人生を形作って行きます。

子供を育む事は未来を育む事。
子供達に豊かな味覚と、充実した栄養と
食の喜びを与える事は
豊かな人材を育てることであり、
活気ある社会、地域を作り出す事に繋がって行くのです。

そこには十分に予算を費やす必要性と大きな価値があります。

和食が世界文化遺産に登録されようとしている今こそ、
一汁三菜の基本を見直し、その食習慣を教育の場で実践し、
子供達の暮らしの一部に溶け込ませるべきではないでしょうか?

和食がどんなに世界から評価されようとも、
日本人の暮らしに活きていないのでは意味がありません。

多彩な食材と、豊かな食文化を持った金沢だからこそ、
率先して、子供達ひいては市民全体の食への意識と水準をあげる努力をすれば、
より魅力ある街づくりにも繋がると信じています。

そして、全国へ、世界へと。。。

食には 善くも悪くも 社会を変える力があります。
[PR]
by yuka-729 | 2013-11-18 01:27 | Life

韓国の旅

8〜11日、韓国の全州市に行っていました。

金沢と全州は姉妹都市で、
テレビ金沢と全州のテレビ局(JTV)が毎年提携して交代で番組作りをしています。
今年は金沢の番で、発酵食をテーマにするという事で、ナビゲーターに選んでいただきました。

韓国は食に対する勢いがすごい!
毎食キムチと共に食い倒れの旅となりました〜

色々と驚きと発見の多い旅で、料理のインスピレーションもたくさん頂きました。

今月末にも金沢と全州と両方で番組が放送される予定です。
それまでに、もう一仕事、
全州とのコラボレシピを完成させなければいけません。

d0129736_9574985.jpg
d0129736_9573710.jpg

[PR]
by yuka-729 | 2013-11-13 09:00 | Life

NYに来ています

今年も糀のセミナーをするべく、NYに来ました。

20日早朝にNY入りし、セミナーの準備に毎日忙しく動き回っています。

d0129736_202404.jpg
今年は「糀スイーツ」がメインのセミナーだから、まずは材料の調達&試作をしなければいけません。

粉が違えばお菓子の仕上がりが大幅に変わる可能性がある為、
アメリカの粉のリサーチとチョイスは慎重に行い、、、
昨日、滞在先のレンタルアパートの台所で試作をしました。

粉はオーガニックのものを使用。
日本の粉とはまた違った味わいになりましたが、とっても香ばしく軽やかに焼き上がり
なかなかの美味しさ!

粉よりも、問題はオーブンにありました。
日本のガスオーブンよりもパワーがある為、いい焼き上がりなんですが
下火がやや強くて、お菓子の底が焦げ気味に。。。

試作して良かった。本番の時はそこをふまえた対策をしなければ!
[PR]
by yuka-729 | 2013-08-22 20:30 | Life

金沢でオススメのプラネタリウム

私はプラネタリウムが大好きです。

ホントは本物の夜空に散らばる満天の星を眺められれば一番幸せですが。。

プラネタリウムって開演前の注意事項のアナウンスや
徐々に暗くなっていって開演に備える感じが
飛行機に乗ったときの感覚と似ていて、
ちょっと宇宙旅行をしに行くようなワクワク感があります。

そんなプラネタリウムに金沢で行くなら、
断然「いしかわ子ども交流センター」がオススメ。

昔から親しまれている場所ですが、
最近バージョンアップして、更に見応えのある魅力的な施設になっていました!

今日、娘と行って来たのですが、
3D映像で銀河を超えて3億光年の彼方まで宇宙旅行を疑似体験して来ました!
エンターテイメントとして十分な見応えです。

宇宙って大きいな、すごいな。
宇宙のでっかさに比べたら、地球上でガヤガヤやっている私達の悲喜こもごもなんて
宇宙のチリにも及ばないちっぽけで、取るに足らないもの。
私達は広大な宇宙のほんの一部分にしか過ぎない。
そう思うと、我欲にまみれて生きる事のばからしさをしみじみ感じます。

解説のおじさんの声や口調も心地よく、
後半の星座の話はまったりとしてしまい、夢の中に、、、

プログラムも何種類かあって、また別のを見に行きたい!と思いました。

いしかわ子ども交流センター
[PR]
by yuka-729 | 2013-05-06 17:10 | Life

続々と増殖中

去年の夏に、「娘が彫ったオリゼーくん」
で娘が作成したもやしもんの判消しをご紹介しましたが、
あれから少しずつ増殖していまして、、、

こんなに増えました。

d0129736_22425132.jpg

試験勉強中などの良い現実逃避になっているようです。

なかなか器用に彫る娘。
でも、まだ私の方が上手に彫れると思って、試しにひとつ彫ってみると、、、
な、なかなか難しい。。。
細い線を彫るのに細心の注意と集中力を要します。
娘、知らないうちに腕を上げていました。

因みに私が彫ったのはC.シネンシス。
冬虫夏草のモトになる中草菌です。


d0129736_22462259.jpg

この菌達を眺めていると、ひととき頭が空っぽになる心地になります。

ただただ、微笑ましいと言うか。癒されると言うか。

かわいい〜〜

だけ。になる。

楽しみすぎて、親子でこんな事して、一緒に現実逃避です(笑)
[PR]
by yuka-729 | 2013-02-19 22:48 | Life

季節の贈り物

d0129736_2165335.jpg

りんごに引き続き、届きました。
ど〜〜んと大箱入りの果物!

今回は「湘南みかん」です。
NPO法人湘南スタイルさん主催の
「みかんの木パートナーシップ」プログラムで育てたみかんですって。
夏には間引いた「青摘みかん」も送って頂き、爽やかな酸味を堪能しました。
その成熟した実が今回送られて来たのです。

「あなた達、大きく立派に育ったわね〜〜」

無選別で大小様々なサイズが混ざっているところが良いです!

もぎたてみかんは酸っぱくて、でもしっかりと味がのっていて美味しい♡
追熟するほどに甘くなるのだとか。

味の変化を楽しみながら味わいたいけれど、
みかん大好き星人の息子に、あっというまに食尽されないか心配。。。
[PR]
by yuka-729 | 2012-12-11 02:25 | Life

サプライズ!花束の贈り物

11月3日のパーティーを最後に一年間の活動を終了した「ヤマト糀部」

その当日、「10時に来て下さい。テレビ取材があります」と言われて
ほいほいと時間通りに会場入りしました。

以前からテレビ金沢が糀の話題を番組で取り上げたいと、取材を受けていたので、その続きだろうと思っていたら、インタビューの途中で「では、糀部の皆さんから小紺コーチに贈り物があるそうです。。。」とアナウンサーさんに導かれ、、、部員たちの待機するキッチンへ。。。

「あれ?なになに?聞いてないよ〜〜」

その日のテレビ取材はテレビ金沢で毎週金曜日の夕方に放送される「花のテレ金ちゃん」内の「花を贈ろう」というコーナーの収録でした。
この企画、どうもお世話になった人にサプライズで花束を贈ると言う物らしく、私もその企みにまんまとかかったと言う訳です。

「日頃の感謝の気持ちを表したくて、番組に申込みをしました」という部員の皆様。
でっかくて美しい花束と、感謝の気持ちを綴ったお手紙を読んでプレゼントしてくれました。
そこには、皆のでっかくてあったかいLOVEがいっぱいつまっていて、ほんわかと伝わって来るのがとても嬉しく、気恥ずかしくもあり、幸せになりました!

最初は麹のことをほとんど知らなかった部員さんもいました。
でも、教室の回を重ねるごとに、麹ファンになり、やがてフリークになり、最後は自ら教室も開いたりして伝道師にまで成長しました!

麹の素晴らしさ、麹料理の感動を共に分かち合い、暮らしに活かそうと手を取り合った仲間たち。この和がますます広がり、世の中を明るく満たして行きますように、これからも共に歩んで行きましょう!

糀部は新年から「発酵食大学」として生まれ変わります。お申込み頂ければどなたでも受講出来ます。発酵を暮らしに活かす知恵を共に学び、未来に繋げて行きましょう!

*この日の収録の放送はテレビ金沢にて11月16日(金)夕方4時52分〜放送です。

d0129736_1710181.jpg本当にでっかい花束でした。
そういえば、部員のひとりが事前に「好きな色は?普段はどんな色の服を着ますか?」ってリサーチして下さっていたっけ。
その時は何も気づかず、ただの世間話と思っていました。(さり気なく聞き出すのがお上手でした!)

ポイントカラーに赤を良く使います。と答えたら、「情熱の赤」が私のイメージだとこんなあでやかな花束に、、、
d0129736_17124694.jpgあんまりでっかいので、入る花器があるか不安でしたが、一番でっかい壷にピッタリ納まりました〜〜。

いや、しかしこの花束は相当濃いよ。私ってこんな感じなのね。
否定はしませんけど。

本当に有り難うございました〜♡
[PR]
by yuka-729 | 2012-11-08 17:20 | Life

息子の鮎釣り

d0129736_20285298.jpg

小6の息子は釣りに夢中。

「今から鮎釣りに行ってきていい?」
今朝息子がそういっていそいそと犀川へ出かけた。

「どうせ釣れないだろう」母はそう思った。

約2時間後、帰ってきた息子に「釣れた?」と聞くと、
「4匹釣れた!」と。

マジっすか?

たいした装備もない中、
鮎用のルアーではないけれど、釣れないこともないからと、
おもりをいくつもつけて工夫して、
川の流れの強弱や、水の深さや、岩のコケのつき具合まで自分の頭で考えて、
見極めた結果、見事ゲットしたのだと。

これらの情報は全て、まわりにいる鮎釣りおっちゃん達から聞いて教わったのだと言う。

聞いただけの情報から、自己分析して実践して結果を出すまでに持って行けるセンス。
我が息子ながら感心です。

小6で、不満足な装備で、しかも2回目のチャレンジで、鮎釣りの釣果を上げるということは、
まわりのおっちゃんからも「すごい」と褒められたそうです。

鮎なら何匹でも釣っておいで!母は大満足じゃ。

本人が一番、自分の手柄に酔いしれて、満足しています。

d0129736_20302499.jpg

そして、母が料理しました。

塩焼きと、朴葉味噌焼き。

朴葉にくるんで蒸し焼きにした味噌焼きの方が、身がしっとりふっくら仕上がり,
美味しかったです!

中にはパンパンに卵がつまっていました。

初秋の恵みに感謝!!
[PR]
by yuka-729 | 2012-09-09 20:33 | Life

アメリカンイタリアン

もう半月も前の話になってしまいました。

7月28日のNY麹セミナー終了後、スタッフの皆と「打ち上げ」と称して夕食を食べに出掛けました。

セミナー後、テレビの取材撮影の間ずっと待っていて下さった山岸さん、三木さん、黒須君、木下さんとの5人で。(三木さんは遅れて合流しましたが)

黒須君がスマホでググって探してくれたイタリアンレストランは
アップタウンの場末にある素朴なたたずまいの
「観光客なんて絶対にこないぞ。」という感じのローカルなお店。

d0129736_1524553.jpg
最近ではあまり見かけないオールドスタイルの
いわゆるアメリカンイタリアンと言う感じ、だそうです。

店の玄関前のスペースはちょっと狭くてこぢんまりした感じでしたが、奥の部屋に通されると、しっとりと落ち着いたスペースが広がっていました。
壁一面に素敵なメモリアル写真がいっぱい飾ってありました。

d0129736_15213310.jpg

まずはイタリアンビールとガーリックトーストでお出迎え。
d0129736_15225911.jpg

ムール貝のトマト煮とか。。。
d0129736_15265114.jpg

お店の人にお勧めして頂いたクリームパスタ。
トマトを使ってあるのか、サーモンピンクのソースでした。
目の前で、胡椒をひいて、チーズをすり降ろしてかけてくれました。
d0129736_15284796.jpg
イタリアンと言えばピザ!

シンプルなトッピングと薄焼きの生地がイイ感じでした。

その他サラダとか、タコのカルパッチョ(スペシャルソース掛け)とかもオーダーしましたがここでは割愛。。。
d0129736_1529455.jpg

せっかくだからデザートを。
ということで、黒須君と木下さんと私の見た目年齢 U21トリオ(笑)でひとつずつ違うのを頼んでシェアする事に。

これは店員のナンシーイチおしのティラミス。

コーヒー率が高くて、ビターで大人な味わいが素敵でした!!


d0129736_1532513.jpgこれは、確かリコッタチーズを使っていると言うイタリアンチーズケーキ。

サッパリとしていて、オレンジピールの香りが活きていて爽やかなお味。
d0129736_15335285.jpgこれもイタリアでは定番(多分)のレモンタルト。
濃厚な食感だけど、しつこくない。

アメリカのお菓子は「甘すぎてくどい」。という先入観がありますが、
確かにそういうお菓子も多くあるそうですが、
今回の旅ではそのようなお菓子には出逢いませんでした。

ここのお菓子も、良い意味で期待を裏切り、とても控えめな甘さで驚きました。
d0129736_15381458.jpg右がマルタから移民して35年(だったかな?)という店員のナンシー。
食事も終盤にさしかかり、山岸さんが「明日は彼女のお誕生日なんだよ。」と私の事を言って下さったら、ナンシーが「何で早く言わないの!(今頃言っても。。。)」と言って残念そうにしながら
「ティラミスは私がおススメしたからサービスする」と言って
ハッピーバースデーを歌って下さいました。(皆も一緒に)
ちょっと照れくさかったけれど、嬉しかったです!
d0129736_15533660.jpg
最後に、イベントを支えて下さった主要メンバー全員と記念撮影。
ナンシーに撮ってもらいました。
全員で撮ったのはこの1枚だけとなりました。
でも本当は全員じゃなくて、他にもさゆりさんや吉藤さんにもご協力頂いたのに
一緒に写真を撮りそびれてしまったのが悔やまれます。(それどころではなかった)

でも、きっとまたお会い出来るはずなので、その時までのお楽しみですね!

Grazie!!
[PR]
by yuka-729 | 2012-08-14 16:08 | Life