かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ダルカレー

d0129736_13432019.jpg
赤レンズ豆を使ったカレースープ。

私は子供の頃数年間インドのムンバイに住んでいました。
その時家にはグレイシーとジェシーと言いういとこ同士の女中さんがいました。
彼女たちは英語がしゃべれるのでヒンズー語しか通じない現場での通訳も兼ねて住み込みで家事全般のお世話をしてくれていました。
彼女たちの日中の主な居場所はキッチンで、私は1つ上の兄と一緒にしょっちゅうキッチンに入り込んではおやつ作ってみたり、料理をつまみ食いをしたりして遊んでいました。
とりわけ印象深かったのが彼女たちがまかないで頻繁に作って食べていたダルカレ−です。
オレンジ色の丸くて平べったい豆を黄色いスープにしたものでした。カレーなのにシャバシャバなのが当時はとても不思議に見えました。
とても辛くって、いつも兄と一緒に「Hot!hot!(辛い!!)」とヒーヒー言いながら、でも何だか病みつきになる味で、しょっちゅうご相伴に預かっていました。

日本に帰って来てから、インド料理を様々な所で食べたり、色んなレシピに出会ったりしましたが、あのダルカレーに似た物には出会ったことがありません。
どうやら豆は赤レンズ豆だったであろうと言うことはわかりましたが、どのスパイスを使ってどうやって作っていたかはわかりません。

あの味を思い出して、スパイスや作り方を想像して作ってみましたが、何だか違うものになりました。
これはこれで美味しいのですが。。。

子供の頃の思い出の味って思い出の中だけに存在する幻の物かも知れませんね。
[PR]
by yuka-729 | 2007-11-29 14:08 | Food diary

三五八豆腐

三五八漬けの床に豆腐を漬込みました。
d0129736_15522969.jpg
堅豆腐を大根などと一緒に三五八床の中に放り込んでおきます。野菜は2〜3日で味がのってくるのですが、豆腐は1週間から10日以上置かないと熟成されてきません。
放り込んでおいて忘れた頃に取り出してみると、発酵食らしくなっています。
出来上がりの味は漬け床の発酵具合(酸味の強弱)で変わります。
取り出してそのまま食べても美味しいですが、今日は焼いてみました。
フライパンに油を引いて、こんがり焦げ目が付くように、弱火で焼きます。
皿に盛ってから柚子皮の刻みとひねり胡麻をあしらいました。
柑橘系の香りが良くマッチして、より奥深い風味になりました。
お酒のおつまみにもってこいです。
[PR]
by yuka-729 | 2007-11-13 16:02 | Food diary

合格

昨日、剣道の昇段審査があり、無事初段に合格しました。
剣道を始めて約1年半、合格目指してひた走ってきました。
ホッとするやら嬉しいやら、とにかくよかったよかったと喜んでいます。

審査の時の緊張感には独特な物があり、その緊張感だけで参ってしまいそうになるほどです。高校や大学の受験の時でさえここまで緊迫することはなかったのに!
審査の前日から緊張感が高まり気もそぞろになりました。
「何でこんな想いをしなけりゃならないのか?」ともう面倒くさく思えてくじけそうになるのですが、受かると次は2段目指して頑張るぞ!!とまた闘志が燃えてくるから不思議です。
審査会が終わっても、気持ちは高ぶったままで、夜夫と共にスパークリングワインで祝杯をあげてようやく落ち着いてきました。

合格するまでに上達出来たのは、ひとえに先生方をはじめ練習相手になって下さった先輩皆様のお陰です。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

お祝い事は皆から「おめでとう、おめでとう」と言われては、それに「有り難うございます!!」と答えるばかりでいましたが、
今日稽古の前に更衣室にいた先輩方からは一声もかけられず、だまっていたら、稽古の後で先輩の1人から「相手におめでとうと言われる前に、お陰さまで合格出来ました、と自分の方からお礼を言う物なんだよ。」と教えていただきました。
合格したのは自分の力だけではないので、喜んでいるばかりでなくアドバイスを下さる皆様にきちんと感謝の意を表すのが礼儀なのです。
考えてみればごく当然のことですし、うんと目上の方や先生たちにはきちんとご挨拶出来ていたのですが、いつも一緒に稽古をしている先輩の方々にはなんだか気恥ずかしかったりして礼を欠いてしまっていました。
自分の至らなさを恥ずかしく思うばかりです。

剣道を通して学べることは単に剣道の技術だけでなく、こういった社会性も沢山あります。
相手を敬い礼を尽くす。
正に日本の精神がそこにあります。
その精神をきちんと守るには、まだまだ未熟で至らない事だらけで、あたふたしてしまうのですが、大切で貴重な学びの場にいられることを本当に有り難く思います。

「剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である」
剣道の理念として真っ先にあげられているこの言葉、「ほんまにその通りやな〜〜」と感心します。
自分の良さ、弱さ、未熟さ、、、、、剣道をしていると自分の全てに出会います。
剣道は自分と向き合いながら成長して行く道なんですね。
[PR]
by yuka-729 | 2007-11-12 15:17 | Life

レモンサンダルウッド

いつも愛用しているヤングリウ゛ィング社の精油を注文したとき、会員キャンペーンでもらった石鹸がとっても良いのです。
d0129736_123436.jpg
無添加でナチュラルな石鹸です。自分で手作りする石鹸と質感が良く似ています。
ヤングリウ゛ィングの良質精油が豊かに香ります。
香りはいくつか種類がありますが、私はレモンサンダルウッドを選びました。
サンダルウッドは白檀のこと。
子供の頃、母の香しい白檀の扇子が好きでした。サンダルウッドは子供のころから親しんだ懐かしさを感じる香りです。心が落ち着きます。


この石鹸で顔を洗うと、まずトップノートのレモンが香り、その後にベースノートのサンダルウッドの香りがふわ〜〜っと浮かび上がってきます。続いて2つの香りが合わさって漂います。
顔を洗いながら香りの変化が楽しめ、洗い上がりは何とも豊かな気分になるのです。
[PR]
by yuka-729 | 2007-11-08 12:15 | Beauty&Health

成功の秘訣

最近、海外で活躍している日本人をクローズアップした番組を良く見かけます。

異郷の地で辛く厳しく貧しい下積み時代を乗り越えて、自力で活路を見出し一流となった人たち。
彼等に共通していることは決して諦めずに頑張り続けたということ。
自分の夢を実現する為に、前を向いて歩き続けたということ。
強く強く信念を持ち続けるということは、とても難しいことだけれど、
だからこそ、その強い精神力でつかみ得る物は大きいのだと思う。

諦めずに前を向き歩み続けること。
地道に積み上げた物はとても大きいパワーを生み出す。

Never give up.

常に上を求めて一歩一歩踏み締めよう。
[PR]
by yuka-729 | 2007-11-02 15:24 | Spirituality