かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今年はホントに有り難う

今年は、自分の仕事も麹の世界も大きく飛躍した年でした。
沢山の人達に出逢い、その人達に支えられて居る事も強く強く感じました。

単なる好奇心から食事に取り入れだした麹が、
こんなにも自分の人生の大きな一部になるなんて、
そして世の中にこんな麹ブームが訪れるなんて
当初はまったく思いもしませんでした。

麹が自分の台所に来てから6〜7年。
麹を毎日食べ続けて6〜7年。

暮らしも、体も、考え方も全部ひっくり返ったかの様に激変しましたが、
変わらないのは自分の本質だな、と感じます。

むしろ、昔はいろんな殻に閉じ込められていたものが、どんどんむき出しになって
より自分らしく、素直で、純粋な気持ちで毎日過ごせていると思います。

麹と触れ合っていると、その偉大さをいつも感じます。
栄養学的にどうのこうの、バイオテクノロジー的にどうのこうの、
そういった理屈の分でも本当に素晴らしいのだけれど、
理屈では説明しきれない素晴らしい波動を麹は持っています。

麹がもたらす発酵の神秘を通して、
命の営みの偉大さ、精密さ、自然界のバランス、心身のバランス
そういったもは全てリンクしていて何一つ無駄が無い事をつくづく感じさせられます。

そして、私達は自然界の一部であり、自然ひいては宇宙に生かされている
ちっぽけな存在だということにも気づかされます。
私達が成せる事はささやかな事です。
大自然や宇宙の意思に身を委ねることしか出来ない事の方が多いです。

でも、その委ねた先に大きな気付きや幸せが待っていると思います。

発酵という小さな宇宙の営みを日々見つめ、その波動に自分の気持ちや暮らしを合わせて行く。
あせらず、ゆっくり、でも確実に熟成され、自分だけの芳醇な旨味を醸し出す。
そんな人生を創り上げて行きたいですね。

来年はさらに熟成された充実した一年になるだろうか。
どんな出来事に出逢えるか。どんな出逢いが待っているのか。ワクワクします。


今年一年、出逢った方々、その方々の愛情に深く感謝致します。
皆様と共に来年も沢山の楽しい事、嬉しい事、幸せな事で毎日を彩ってゆければ幸いです。
[PR]
by yuka-729 | 2011-12-31 14:55 | Life

ヤマト糀部

金沢の老舗お醤油屋さんのヤマト醤油味噌さんが発足した大人の部活動「ヤマト糀部」が先月から始まっています。

私はそのヘッドコーチとして、毎月1度の料理教室を受け持っております。

目指せ、発酵食美人!
毎日、発酵食を取り入れて美と健康を真剣に追求します。

をスローガンに、大マジメな大人の部活動です。

発酵食を楽しく、簡単に、もっと暮らしに活かそう!
麹の発酵パワーで暮らしのクオリティーをもっと上げよう!

麹の恵みはこれからの汚染社会を賢く、たくましく生き抜く為に大いに役立ちます!
麹は昔から人々に沢山の幸をもたらしてきた福の神様です。

先人達が培ったこの類い稀なる伝統を、次世代へキチンと繋いで行く為に、
新しい麹食文化を創造し、広めて行かなければなりません。

麹料理を囲む食卓に笑顔の花が沢山咲くように、
精一杯のお手伝いをさせて頂きます!
[PR]
by yuka-729 | 2011-12-27 15:44 | Information

愛しの小坂蓮根

d0129736_1522388.jpg


加賀野菜の代表格、小坂蓮根。

これほど旨い蓮根は他に無いのではなかろうか?

蓮根の中の蓮根。

King of RENKON!

頂き物の小坂蓮根を皮ごとサッとソテーして、軽く塩麹で味付け。

サクサクとしているけど、しっかりとでんぷんがのっているからホックリ、ねっとりした食感。旨味も甘味もあって、わずかに塩味も感じる。
小坂蓮根は何の味付けがなくても塩気をおびている食材です。

だから本当は塩麹もいらないくらい。


d0129736_15222234.jpg柔らかく茹でた牛蒡と一緒に照り煮にもしてみました。

醤油と自家製本味醂を合わせて煮詰めたタレを絡めてあります。

あ〜〜、土のものが本当に美味しい季節です。

そして、小坂蓮根は最高に幸せを感じられるスペシャルな野菜です。
[PR]
by yuka-729 | 2011-12-27 15:23 | Food diary

残り物に福。糀ラーメン

クリスマスのご馳走に堪能した鶏の丸焼き。

美味しいお肉をそぎ落とした後の骨達を決してそのまま捨ててはなりません。

ことこと水から煮出せば美味しいスープが取れるでしょ!
くず野菜なんかも一緒に煮込めば、ラーメン屋顔負けの鶏ガラスープが完成します!!


d0129736_16213615.jpg
美味しいスープが取れれば、美味しいラーメンはほぼ約束されます。

味付けには塩糀を使えば、塩ラーメン。
なめみそを使えば、醤油ラーメン。

糀のエッセンスがたっぷり入って、ひと味違った糀ラーメンの出来上がり。

余分な脂は取り除き、じっくり煮出したスープは滋養たっぷりです。
和食での出汁は命の素。
中華でもスープには同様の意味合いがあるみたい。

巷のラーメンはどうも胃もたれして食べられませんが、これだけ優しいスープなら毎日でも食べられそう♪

我が家の食卓にラーメンが登場するのは年に一度あるかないか。

2日目まで美味しいクリスマスのご馳走にの余韻に浸る家族達。。。
[PR]
by yuka-729 | 2011-12-26 16:26 | Food diary

ハレの食卓

今年の24日は我が家では初めてお客様をお招きしてクリスマスの食卓を囲みました。

お客様と言っても、旦那の店のバイトさんなのだけれど、子供達も良くかわいがってもらっており、まるで親戚のお姉さんの様な感じで、和気あいあいとアットホームな感じで楽しみました。

でも、やはりお客様をお迎えすると言うことで、お料理には力を入れてご馳走を作りました!

d0129736_1538321.jpgまずは、前菜。

(奥から右回りに)ローストビーフのサラダ巻き、トマトとクリームチーズのマリネ、蓮根とカボチャのチップス、カボチャのガレット、エリンギのグリル、アボカドとキウィのサラダ。

d0129736_15404515.jpgd0129736_15411366.jpgそしてメインの鶏丸焼き。

お腹には茹で野菜、大福豆、フランスパンをぎっしり詰め込みました。下味にはもちろん塩糀を使用!

オーブンへ投入!

そしてこんがり焼き上がり、食卓へ。
やはり、鶏丸焼きはインパクト大!
切り分ける作業も良いパフォーマンスになり、場が一気に盛り上がり、ワクワク感も高まります!

お肉は食べ過ぎると体に良くありませんが、たまのご馳走には有り難く頂きたい。
その時には、お野菜をたっぷり、お肉の3倍量食べてバランスをとります。

d0129736_15441658.jpgそして、第2の主役に海鮮パエリアを作りました!

でっかい有頭海老、蛤、ヤリイカを炊き込んだから、旨味たっぷり濃厚な炊き上がり!
もちろん味付けは塩糀。
その美味しさに全員うなり声をあげました。


こんなにガッツリ、肉や海鮮を使った料理を一度に沢山食卓にあげることは我が家ではあまり無いので、家族は本当に喜んでいました。
普段は野菜中心の素朴で優しい味わいのお料理ばかりなので、こういった豪華なお味のハレの食事の有り難みや美味しさが際立つようです。

毎日がこんなに豪華では体にもお財布(笑)にも良くありませんが、クリスマスという特別な日の特別なお料理。子供達の心にも美しい思い出として焼き付いたようです。

ハレとケのメリハリが大事ですね。


今年は子供達が大事に貯めたお小遣いを使って、私達にもプレゼントを用意してくれたので、皆でプレゼント交換をしました。

今年は一人、お客様が来て下さった事が、本当に良い時間を生んでくれたと思います。
私はクリスチャンではないので、イベント性優位の日本のクリスマスを少し冷めた目で見て来ましたが、こんなにも皆がほのぼのと幸せな気持ちになるものなら、毎年こんな風に楽しみたいなと思いました。
[PR]
by yuka-729 | 2011-12-26 16:02 | Food diary

本日解禁!手前味噌

d0129736_14354981.jpg

確か去年の10月だったかな。  このお味噌を漬込んだのは。

高木糀商店での味噌作りの会に参加して作りました。

味噌作りの会では大豆を茹でてミンチにするところまでやってくれるから
参加者は材料を混ぜて樽に漬け込むだけなので、カンタンらくちん♪

ラップを二重に敷いた上に塩を敷き詰めて重しにします。
こうすると、隙間無くふたをすることが出来、カビなどを防ぐことが出来ます。

d0129736_14392448.jpg塩のふたを外すと、良い色に漬込まれた酒粕の層が顔を出します。

味噌に酒粕?

そう、塩ふたの前にまず、酒粕でふたをしてあります。
こうすると、酒粕のアルコール分の殺菌効果で、決してカビが生えません!
しかも、この味噌の旨味と塩味がしみ込んだ酒粕は
芳醇な香りと味をたたえ、美味しい粕味噌に変身しています。
そのままなめれば美味しい酒の肴にもなりましょう。
味噌汁に溶かせばひと味違う粕汁になりましょう。

d0129736_14434612.jpg
酒粕の層を取り除くと、美しい褐色に染まった味噌が現れます!

しっかりと熟成されて、美味しい味噌になっています!

う〜〜ん、どこの味噌より美味しいかも〜〜

手前味噌とは良く言った物です。
[PR]
by yuka-729 | 2011-12-22 14:46 | Food diary

梅干し

d0129736_14234269.jpg


梅干しは

一粒万倍

そんな言葉がピッタリな食べ物だと思う。

この赤い一粒に込められたパワーは計り知れない。

だって、壷に入れたまま常温で一年中放ったらかしにしていても
決して腐らないのです。

腐るどころか、置けば置くほど味わいがまろやかになって来る。

日本の漬け物文化の最高峰では無いかとさえ思ってしまう。

梅干しを漬けるという文化は日本の誇るべき
そして実に日本らしい尊いものだと思います。

梅を一粒一粒丁寧に扱い、塩に漬込み
土用には一粒一粒広げ、ひっくり返し、お天道様に当てる。
太陽の恵み、パワーを閉じ込めれば
決して腐らない、百薬の長たる梅干しになると
昔から日本人は知っていた。

梅干しを漬けると出来上がる副産物「梅酢」も素晴らしいし。

今年はなんだかめんどくさくて漬けなかったけれど、
今になって漬ければ良かったとちょっと後悔。

来年はきっと漬けます!

写真の梅干しは、去年丹精込めて漬込んだ自家製。
のっぽくんで買った無農薬の梅を使いました。
肉厚でジューシーで酸っぱくてふくよかなお味。

梅干しは日本の食の心の風景だな〜〜
[PR]
by yuka-729 | 2011-12-19 14:31 | Food diary

被災地支援のお願い

高木糀商店のお父さん率いる「宇宙支援隊」からご協力のお願いです。

水産業が主な産業である石巻市は、津波で魚市場も加工工場も壊滅しました。
殆どの工場が復旧のめどがつかず町には失業者が溢れています。
灯油を買うのもままならない世帯もあり、「正月を無事に迎えられるだろうか?」と多くの方が不安を抱えた中、義援金や支援金は底をつき始めています。

そこで宇宙支援隊ではお正月に向け被災地に支援物資をお届けするべく、皆様から食料品を集めています。お餅、お米、その他食料品(日持ちするもの)何でもかまいません。豆や乾物や調味料等も喜ばれるかもしれません。

被災地の方々が少しでも賑やかにお正月の食卓を飾れるように何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

食料は12月29日にお届けします。
12月25日~28日に以下までお持ち頂ければ幸いです。

◆高木糀商店(金沢市東山1-9-3 tel076-252-7461)
◆メロメロポッチ(金沢市下近江町68 tel076-234-5556)


皆様のあたたかいご支援を心よりお待ちしております。
[PR]
by yuka-729 | 2011-12-15 17:17 | Information

カホンのランチ

d0129736_1494484.jpg

今日は県庁近くでの用事を済ませた後に、ずっと前からちょっと気になっていたお店でお一人様ランチを楽しみました。

そのお店は「cajon(カホン)」
「島ご飯」とありますが、アジアンテイストの多国籍料理のお店です。

頼んだのはベジタブルランチ。

d0129736_14145962.jpgメインの「かぶと豆腐のアラビアータ」

バジルを効かせたトマトソースがかぶと豆腐のソテーにたっぷりかかっています。
アラビアータはイタリアンですが、ここはやはりカホン流なのか、ちょっとエスニックな香りが漂っていました。

d0129736_14165855.jpg玄米ご飯、自家製胡麻油、カボチャとじゃが芋のインドネシア風サラダ、大根の豆乳ワインソースがけなどが並びます。


最近はすっかり麹料理づいている食生活で、自分の作る料理ばかりを食べているので、こうして外食して人様に作って頂くお料理を食べるととても刺激になります。
しかも、久々のエスニックテイストに、新たな麹料理へのインスピレーションも沸いて来そうです!

d0129736_1419560.jpgお味噌汁はアオサでした。

アオサの味噌汁は輪島でも食べますが、大好きです。
酒粕仕立ての味噌汁にするのが輪島流ですが。

d0129736_14202331.jpgデザートにはリンゴのパウンドケーキとコーヒー。


どれもこれも、素材や調味料にこだわって、丁寧に作られているのが伝わって来ます。

お店の空間も広々としていて、ゆったり和める雰囲気で素敵です。
スタッフの対応もさり気なく丁寧で、気持ち良く過ごせました。


今度は、お友達や大切な人達と一緒に来たいな〜〜。
[PR]
by yuka-729 | 2011-12-15 14:27 | Life

ガトー・バナナ

d0129736_14342267.jpg

ガトー・タタンが気に入って、
リンゴのかわりにバナナを使うたらどや?
と試したのがこれ。

ケーキ生地の配合も若干かえて、仕上がりの差を検証する実験も兼ねてます。

バナナを大胆にど〜〜んと3本も焼き込みました。

焼き立てほっかほかを頂くと、
バナナのあま〜〜い湯気が、ほわ〜〜んと立ちこめて
とろ〜〜りとしたバナナにふわっふわのケーキ生地がお口の中でとろけます。

これもきっと冷めたらまたオツなんでしょうな〜〜

今日、夕方家に帰ってまた試食するのが楽しみ♪

d0129736_1441574.jpgケーキ生地は焼き型をかえるとマフィンにもなります。

アーモンドやバナナでトッピング。

これも、美味しい〜♪
[PR]
by yuka-729 | 2011-12-10 14:40 | Food diary