かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

もっと暮らしと身体を軽やかに!麹ランチセミナー

最大限、身体に元気をチャージする食べ方の提案。
私のお話と共に、パワーフード「麹」を使ったお料理を味わいませんか?

最近5キロ痩せた私の実体験から、ダイエットのマル秘テクニックも聞けますよ〜〜♡

食べ方を変えたら、もっと毎日が楽しくなります。

ぜひ、お越し下さいませ。

場 所:和すもも堂(金沢市芳斉1-4-28マチヤアトリエ)
日 時:2012年9月11日(火)11:00〜12:30
参加費:¥2,500
持ち物:お皿(直径20㎝ほど)、マグカップ(スープを入れます)、箸
    *食器の備えが少ないため、マイ食器のご持参にご協力下さい。)
定 員:約20名
申込み:9月8日までにメールにてご連絡下さい。
    hanakouji☆hotmeil.co.jp(☆を@に変換して下さい)

*会場には駐車スペースが無いため、近隣のコインパーキングをご利用下さい。
*料理教室ではなくお食事会です。

d0129736_144122100.jpg

*写真のお料理はイメージです。
[PR]
by yuka-729 | 2012-08-31 14:43 | Class | Trackback

身体と社会に必要なもの

飽食の時代にあって、食べ物に困るはずが無いのに、
実はとても困っている人達が多くいます。

何が困るって、お腹いっぱいにはなるけれど
身体に必要な栄養素を取る事が出来ずに困っています。

現代は食べ物が豊富にあり、人の「欲望」の部分の食欲は満たされるけれど、
身体に本当に必要なビタミン、ミネラル、酵素などが大きく不足しています。

飽食の中の栄養失調。
実にアンバランスで、異様な事態です。

フルタイムで働いているキャリアーウーマン
単身赴任のお父さん。。。

忙しくて料理はおろか、買い物をするヒマも無い人達。。。

自炊が出来ずに、
ほとんど3食を外食か中食に頼っている人達の食生活の現状を
最近良く見聞きするにつけ、
やるせない気持ちになります。

朝食はカフェでコーヒーと一緒にパン類をかじり、
昼は社員食堂や近所の定食屋があれば良い方ですが、
それらが休みの時にはコンビニに頼らざるを得ず、
夕食は飲みに行くか、時間がなければ軽く缶ビールとおつまみをかじるだけ。。。
それが当たり前で、べつにそれで良いと思っている人も多いですが、
キチンとした食事をしたくても、入手出来なくて困っているひとも沢山います。

これでは、身体の活力をチャージ出来なくて
どんなに寝ても疲れはとれません。
日頃の仕事の疲れが蓄積して、どんどんすり減る一方です。

日本の食品業界はこんなにも盛んで、食料も豊かなのに、
その栄養的な内容を見ると、実に貧しいものです。
市販のお惣菜の多くは
味付けが濃く、化学調味料や添加物や砂糖が当たり前に使われ、
保存・防腐処理の為に薬品が沢山使われている。。。
外食では野菜をたっぷり摂るのが難しく、脂質や炭水化物に偏りがちになる。。。

便利なはずの世の中ですが、
深く掘り下げてみると、実に多くの問題をはらんでいます。

自炊をするのがベストですが、
色々な事情で、どうしても出来ない人がいる。
その人達の為に、どのような食事の提案をして行けば良いのか?
その事を最近強く考えます。

食品を提供しているお店やメーカーは
もっと国民の健康の為に真摯なもの作りをすべきです。
コストや流通第一で身体に良くない食品を世に送り出すのはとても無責任だと思います。

不景気対策、医療費問題をあーだこーだと言う前に、
この食料事情をなんとかしないといけないのではないでしょうか?

一生懸命働く人達が
満足な食事が出来ずに、健康を害して行く。
それは、社会の根幹に深く関わる事ではないでしょうか?

いつでもどこでも手軽に入手出来て
エナジーをきっちりチャージ出来る安心・安全な
美味しい食品をもっと世に送り出さなければいけません。

その為にはどうすれば良いでしょうか?

食品業界の方々、一緒に考えて行きませんか?

食こそが、人を作り、社会を作る基礎になるのですから。
[PR]
by yuka-729 | 2012-08-30 16:21 | Beauty&Health | Trackback

命のスムージー

今はやりのスムージー。

野菜や果物をミキサーにかけて、朝食にいただく。

ビタミン、ミネラル、酵素が豊富でとってもヘルシーで、エネルギーチャージできます!

私はそこに、豆乳、塩麹、甘酒等を加えて、さらに栄養のバランスを強化した物を毎日飲んでいます。

基本的には朝食時に1回。体が欲すれば昼食前や夕食代わりなどにも飲みます。

今、私が一番美味しく感じている物です。

d0129736_17325755.jpg基本の小松菜スムージー。

小松菜、キウィ、バナナ、レモン汁、豆乳、甘酒、塩麹、水をテキトーに混ぜ合わせます。

d0129736_17342717.jpg白い材料を使えば白いスムージーに。キャベツ、バナナ、レモン汁、豆乳、甘酒、塩麹、水など。。。

組み合わせは自由自在。
d0129736_17354596.jpgシンプルに、スイカとトマトの赤いスムージー。
隠し味に塩麹を使用。


これら、スムージーは体の熱を取る作用があるので、夏は良いのですが、冬になると本当に体が震えるほど冷えてしまいます。
冬場に良いスムージーをいまから考えないと。。。
[PR]
by yuka-729 | 2012-08-17 17:39 | Food diary | Trackback

アメリカンイタリアン

もう半月も前の話になってしまいました。

7月28日のNY麹セミナー終了後、スタッフの皆と「打ち上げ」と称して夕食を食べに出掛けました。

セミナー後、テレビの取材撮影の間ずっと待っていて下さった山岸さん、三木さん、黒須君、木下さんとの5人で。(三木さんは遅れて合流しましたが)

黒須君がスマホでググって探してくれたイタリアンレストランは
アップタウンの場末にある素朴なたたずまいの
「観光客なんて絶対にこないぞ。」という感じのローカルなお店。

d0129736_1524553.jpg
最近ではあまり見かけないオールドスタイルの
いわゆるアメリカンイタリアンと言う感じ、だそうです。

店の玄関前のスペースはちょっと狭くてこぢんまりした感じでしたが、奥の部屋に通されると、しっとりと落ち着いたスペースが広がっていました。
壁一面に素敵なメモリアル写真がいっぱい飾ってありました。

d0129736_15213310.jpg

まずはイタリアンビールとガーリックトーストでお出迎え。
d0129736_15225911.jpg

ムール貝のトマト煮とか。。。
d0129736_15265114.jpg

お店の人にお勧めして頂いたクリームパスタ。
トマトを使ってあるのか、サーモンピンクのソースでした。
目の前で、胡椒をひいて、チーズをすり降ろしてかけてくれました。
d0129736_15284796.jpg
イタリアンと言えばピザ!

シンプルなトッピングと薄焼きの生地がイイ感じでした。

その他サラダとか、タコのカルパッチョ(スペシャルソース掛け)とかもオーダーしましたがここでは割愛。。。
d0129736_1529455.jpg

せっかくだからデザートを。
ということで、黒須君と木下さんと私の見た目年齢 U21トリオ(笑)でひとつずつ違うのを頼んでシェアする事に。

これは店員のナンシーイチおしのティラミス。

コーヒー率が高くて、ビターで大人な味わいが素敵でした!!


d0129736_1532513.jpgこれは、確かリコッタチーズを使っていると言うイタリアンチーズケーキ。

サッパリとしていて、オレンジピールの香りが活きていて爽やかなお味。
d0129736_15335285.jpgこれもイタリアでは定番(多分)のレモンタルト。
濃厚な食感だけど、しつこくない。

アメリカのお菓子は「甘すぎてくどい」。という先入観がありますが、
確かにそういうお菓子も多くあるそうですが、
今回の旅ではそのようなお菓子には出逢いませんでした。

ここのお菓子も、良い意味で期待を裏切り、とても控えめな甘さで驚きました。
d0129736_15381458.jpg右がマルタから移民して35年(だったかな?)という店員のナンシー。
食事も終盤にさしかかり、山岸さんが「明日は彼女のお誕生日なんだよ。」と私の事を言って下さったら、ナンシーが「何で早く言わないの!(今頃言っても。。。)」と言って残念そうにしながら
「ティラミスは私がおススメしたからサービスする」と言って
ハッピーバースデーを歌って下さいました。(皆も一緒に)
ちょっと照れくさかったけれど、嬉しかったです!
d0129736_15533660.jpg
最後に、イベントを支えて下さった主要メンバー全員と記念撮影。
ナンシーに撮ってもらいました。
全員で撮ったのはこの1枚だけとなりました。
でも本当は全員じゃなくて、他にもさゆりさんや吉藤さんにもご協力頂いたのに
一緒に写真を撮りそびれてしまったのが悔やまれます。(それどころではなかった)

でも、きっとまたお会い出来るはずなので、その時までのお楽しみですね!

Grazie!!
[PR]
by yuka-729 | 2012-08-14 16:08 | Life | Trackback

しょうゆ麹のレシピ本完成!

d0129736_1534513.jpg
レシピ本第3弾。

しょうゆ麹といしる麹のレシピをおさめた

「しょうゆ麹でもっとおいしい日々のごはん」(河出書房新社)

が完成致しました!!

麹の楽しみがさらに広がりますよ!

全国書店にて、お盆の頃に発売予定です。

価格はポッキリ¥1,000で買いやすい♪
[PR]
by yuka-729 | 2012-08-12 15:37 | Publicity | Trackback

FCIの全米放送が終了しました

先月末のNY麹セミナーの取材をして下さったFCI(フジテレビアメリカ総局)が作成した麹特集番組の2週に渡る放送が昨日無事終了しました!

放送VTRはネット配信されているのでぜひ、ご覧下さい。

また、リポーターの久下アナウンサーのブログにも取り上げて頂きました。

久下さん曰く、
「放送は大変好評で、ネットのアクセス数や視聴者プレゼントへの応募数が番組始まって以来の快挙となりそうです。」

すごいですね!
麹人気はとどまるところを知らず、拡大する一方です!

感謝!感謝!です。

久下さんのブログ

一回目放送のリンク

二回目放送のリンク
[PR]
by yuka-729 | 2012-08-11 17:44 | Publicity | Trackback

NYでのオーガニックライフ

今回、アメリカに行ったら、太って帰って来るかも。とちょっと思っていました。
アメリカでの食事って、なんでもBIGサイズで、ハイカロリーっていうイメージがあったので。

でも、違いました。

逆に痩せて帰って来ました。

Wow!

NYはアメリカの中でもとても特殊な街で、他民族、多文化の集合体なので、何でもかんでも選択の幅が広いのです。

とことんジャンクな物もあれば、とことんヘルシーな物もある。

だから、自ら選択しない限り、ジャンクな物にはまったく触れずに過ごせます。

宗教的な兼ね合いもあって、ベジタリアンの市民権は日本より数段上です。
私にとって食生活の面では、日本より断然過ごしやすかったです。

日本では外食するにも、お弁当を買うにも、食べられる物や食べたい物が無くて困る時があります。
特にお弁当は必ずと言っていいほど化学調味料と砂糖が使われ、濃い味付けで、野菜率がとても低い。コンビニで買える物と言ったらバナナとトマトジュースくらいです。

それに比べてNYは天国です!
ベジタリアンの為の選択肢が多く、食べられる物が多い!
「Vegan(ビ−ガン)」という言葉も一般的な印象を受けました。

NYでの滞在中、宿泊先での朝食は近所のスーパーやグリーンマーケットで買って来た野菜や果物を食べ、ランチにはホールフーズマーケットのデリやチェルシーマーケットのスープバーでテイクアウト。
野菜、野菜、野菜!心おきなく野菜を食べました。

夜は山岸さんたちに美味しいレストランに連れて行ってもらいましたが、楽しくおしゃべりしながら時間をかけて食べるので、ドカ食いとかも無いし、超ヘルシーライフでした。


d0129736_15355379.jpgd0129736_15361281.jpgd0129736_15363578.jpg今回の旅で一番ハマった、というか便利で良く利用したのがホールフーズマーケットのテイクアウトのデリ。

サラダ、パスタ、カレーなどがずら〜と並び、好きな物を好きなだけ取って箱に詰め、レジで精算します。量り売りです。
目移りするほど種類が豊富でワクワクします。食材の使い方や組み合わせが日本人の感覚と違うので、とても新鮮で勉強にもなりました。

サラダは比較的薄味で、素材の味で食べるカンジ。お好みでドレッシングをかける事も出来ます。サモサやカレー、ファラフェルなどスパイシーな料理はやはり日本より上手です。とても美味しかった!

雑穀もふんだんに使われ感心しました。

野菜だけのメニューも多いですが、
卵料理や肉料理もあります。たっぷりの野菜と組み合わせてある場合が多く、とてもバランスが取れていると思います。

インドの長粒米もあったりして、私的には大変好みのラインナップ。

箱に仕切りが無くておおざっぱなカンジはアメリカらしい?
そもそも、私のように欲張ってアレもコレも入れる人は少ないのかも。。。
d0129736_1554576.jpgホールフーズの2階には広いイートインコーナーがあります。1階で買った食べ物をここで椅子に座って食べる事が出来ます。
レストランやカフェなどは椅子に座るとチップが必要で、高くつきますが、ここはタダで利用出来るので助かります。

皆との待ち合わせ前にここで昼食をすませたりして、結局5泊の滞在中3回利用しました。
d0129736_160918.jpg宿泊先での朝食はこんな感じ。

この日は一番豪華に色々並べました。
近所のパン屋で買ったファイブグレインブレッドやチーズの専門店で買った豆腐チーズなど。
野菜にはオリーブオイルをかけたりして。
でも、この後はパンとかいらないな。。。と言うカンジで、野菜と果物だけでした。
d0129736_163179.jpg帰国当日の朝食は、残っているフルーツを全て食べ切らなくてはならず、セミナーで中途半端にあまった甘酒と豆乳とココナツミルクといっしょに混ぜ合わせてどんぶり一杯食べました。

ふ〜〜おかないっぱい!
d0129736_1661659.jpgその後の昼食には3thアベニューにあるオーガニックレストランで山岸さんと。

ウェイターがまず最初に飲み物のオーダーをとりに来て、なんだかんだと飲み物の種類を言って、どれが良いですかって聞いてくる。
どれも甘いソフトドリンクで、レモネードのバリエーションが多かったし、
有無を言わさずドリンクを注文しなければいかないのか?とか思ったり、
本当はそれ以外の甘くない飲み物が良いな、とか思ったりしたけど、
ウェイターのお兄ちゃんのラテン系の英語が聞き取りにくく、私の乏しい英語力であーだこーだとやり取りするのはめんどくさそうだったので、手っ取り早く「ピーチレモネード」をオーダー。思ったよりも甘ったるくなくて、ナチュラルな味わいで美味しかったです。

その後、つきだしのように出て来たのはイタリア系のパンと人参のペースト。
ダイエット的には最初に炭水化物は避けたいけれど、まあいいやっ。

パンはちょっと油分が多い感じだったけれど、とても美味しかった。人参のペーストも控えめな味付けで良かったです。
d0129736_16143756.jpgd0129736_16164299.jpg料理のオーダーは迷います。
一応、だいたいの英語メニューは読めるけど、日本と勝手が違うから、何がどう出て来るのかあんまり想像つかなくて。。。

ビーガンメニューもあったけど、ここはちょっといつもと違う物を食べてみよう。と思って、日本では滅多に食べないオムレツをチョイス。

オーガニックの卵を使っていて、野菜とキノコがなかにたっぷり詰まっていました。味付けは塩でシンプルに。バターも使っていなくてライトな味わい。
付け合わせのマッシュポテトも塩のみ。
ケチャップはフツーの味でした。このケチャップが手作りのトマトソースなら言う事無かったな。

それにしても大きくて、卵3〜4個は使っている感じでした。食べきれなくて残してしまいました。ゴメンナサイ。
d0129736_16201218.jpg遅い朝食をすませて来たと言う山岸さんはお腹がすいていなかったけれど、つきあってくれました。
山岸さんチョイスのメキシコ風のエビ料理。ナチョス風のチップスの上にワカモレとエビをトッピングした様なもの。これにも野菜がたっぷり添えられています。
これでVery small sizeだって。日本ではフツーに皆でシェアするサイズだよね。
山岸さんも残していたから、ひとつ味見に分けてもらえば良かったと後でちょっと後悔しました(笑)
[PR]
by yuka-729 | 2012-08-10 16:23 | Life | Trackback

NYのメキシカン

d0129736_1682783.jpg7月27日、NYイベントの前日。
セミナーでお出しするお料理の仕込みを行い、その後スタッフの皆で夕ご飯を食べに行きました。

今日はメキシカン!
とグランドセントラル駅の真ん前にあるメキシカンのお店に行きました。

店内はものすごい活気で、鳴り響くBGMと大勢のお客さんの話し声とで、お互いの話し声も聞き取りにくい状況です。
d0129736_168513.jpgまずは、コロナで「明日のイベントの成功を願って」乾杯!

もちろん、ライムをねじ込んだスタイルです。

コロナはサッパリしているから、夏の乾いたノドにはピッタリです。
d0129736_1613295.jpgd0129736_177281.jpgd0129736_16152228.jpgd0129736_1615561.jpgd0129736_16142998.jpgd0129736_1614064.jpgd0129736_16133275.jpgメキシカンってタコスやサルサソースくらいしか知らないので、メニューを見ても良くわからない。

黒須君が結構詳しいから、教えてもらったり、おまかせしたりして色々とオーダーしました。

やっぱタコスは欠かせないでしょう。
皮がクリスピーとソフトがあるというのでソフトをチョイス。
中にはレタスと牛肉がくるんであり、シンプルでヘルシーなカンジ。
必ずついて来ると言う付け合わせの豆料理もシンプルな味つけで美味しかったです。
意外とこちらでは豆を使った料理に良く出逢います。

周りを見ると、ほとんどの人がオーダーしているド迫力のカクテルに目が釘付け!

「あれが欲しい!」と山岸さん。
お店の人にあれは何だと聞きながらオーダー。

ブッロとか言うこのカクテルはフローズンマルガリータにコロナのミニボトルを突っ込んだもの。
ストローでちゅーちゅー飲む訳ですが、ものすごくエネルギッシュな飲み物ですよね!!
めちゃくちゃチャンポンな内容にも関わらず、口当たりが良くてストローでするする飲んでいたら。。。大変な事になりそうです。
酔う気満々のパワードリンクですね。




初めて見るこの料理はじゃが芋の皮を利用したもの。
チーズとベーコンを詰めてカリカリに焼いてあります。
香ばしくて美味でした。







三木さんが「パエリヤが食べたい」と言ってオーダすると「???」な物が登場。
パエリヤではなさそうな、、、ただのピラフだよね。
メキシコではパエリヤ=ピラフと言う認識なのかも。





カラマリ マクリー
日本で言うイカリングフライです。
これもメキシカンでは定番だそうです。

日本と違うところは衣がパン粉ではなく、コーンミール(多分)というところ。
小さめのイカは柔らかく、衣の香ばしさが良い感じでした。




メキシカンの超定番 ナチョス
コーンチップスにサルサソースやワカモレをディップします。
そういえばワカモレってちゃんと食べた事なかったかも。
アボカドのソースですが、酸味が効いていてサッパリとした味わい。

NYに来てから「これぞアメリカ!」と言う物をまだ食べていないな〜と思って
「This is The America!」という物を食べたい!とリクエストしてオーダーしてみたバーガー。
100%ビーフのパテはお肉の味がちゃんとしてシンプルな味付けで美味しかったです。

ポテトフライがどーん!ビーフどーん!お野菜もどーん!なカンジの楽しい一皿でした。
もちろん一人では食べきれないので、ナイフでカットしながらみなでシャアしましたよ。


今回この店でのちょっとした事件(?)は、お酒をオーダーする時に店員さんにIDを要求された事。
アメリカでは21才以下は飲酒禁止。こういったお店では若い人がお酒を飲もうとすると生年月日を確認されることが良くあります。
てことは、私もアンダー21と見なされたって事ですか〜〜〜♡
20代の黒須君や木下さんはわかりますが、、、いくらアジア人が若く見えるからって、ウェイターのインド人のオジさん、目がかすんでいたんでしょうか?
横にいた山岸さんや三木さんがID出そうとすると「おまえたちはいらない」って断られていましたし。。。

いや〜〜ん♪  ちょっとハッピーになれる出来事でした(笑)
[PR]
by yuka-729 | 2012-08-06 17:05 | Life | Trackback

季節の便り青摘みかん

去年の夏に東京で知り合った方から、夏の風物詩が届きました。

湘南の青摘みかん。

この時期、みかんは実を大きく育てる為に間引きされるそうです。
その間引き実を「青摘みかん」と呼んで、すだちのようにフレッシュな酸味と香りを楽しむのです。
しかし、通常間引いた実は廃棄される事がほとんどだそうで、一般に流通する事はありません。

勿体ない事です。

でもこうやって、知り合いの手から送って頂いて、貴重な季節の香りを楽しむ事が出来る幸運を有り難く思います。

さっそく、果汁を搾って水で薄めた「みかん水」を子供達は気に入り、喜んで飲んでいます。

お昼には果汁とトマト塩糀でドレッシングを作ってヘルシーサラダに。
大福豆も入れて、ボリュームも出るので、おかずとして十分。
淡い彩りも涼やかで香り豊かなサラダが出来ました。

d0129736_1652851.jpg

[PR]
by yuka-729 | 2012-08-06 16:06 | Food diary | Trackback

NYのジャパン・キュイジーヌ

このタイトル、日本語と英語とフランス語がゴッチャになってちょっと意味不明ですが、、
NYの雰囲気が伝わるかな〜〜と思いまして。。。

NY滞在2日目26日の夜、山岸さんに連れて行ってもらったのは
日本食レストラン「和参」でした。

この「和参」誕生秘話には山岸さんが深く関わっていると言う事で、
山岸さんお馴染みのイチおしレストランです。
メディアにも多数取り上げられ、話題豊富で有名なお店です。

d0129736_181258100.jpg

NYの高級日本料理店として知られていた「稲ぎく」の元シェフである
櫻井さん(左)と北川さん(右から2人目)と
酒ソムリエである小泉さん(右)の三銃士で織りなす和食の世界は素晴らしかったです。

d0129736_18174781.jpg
サーモンのお刺身にアボカドソースが添えられた、とてもNYらしい一品。
d0129736_1819242.jpg
注文してなかったけれど、シェフからの心遣いで出して下さった魚料理は「シーバスの粕漬け」
日本では馴染みが無いシーバスは「はた」の仲間だそうで、今の時期脂がのっておススメだとか。
洋の素材で純和風な味付けがまた新鮮。
d0129736_18222196.jpg
今の時期、NYではズッキーニがとても豊富で、花のつぼみも良く売られています。
そのつぼみの料理もメニューにあったので、迷わずオーダー。
するとこれもシェフの心遣いで嬉しいサプライズが!
本来なら、つぼみだけのはずが、丸いズッキーニの実も使って迫力の盛り付けになって出て来ました。
これには小泉さんもビックリしていて「こんなの初めて見ました!」って。
つぼみと、実の中にエビのすり身を詰めた天ぷらです。

d0129736_18255331.jpg
シェフおススメのお漬け物。
まさかNYで純和風のお漬け物に出逢うとは思っていませんでしたが、洋の野菜も使われ、またひと味違いました。
d0129736_18291964.jpgd0129736_18285830.jpgd0129736_18282894.jpg他にもおいしいお料理を頂きましたが、写真があまり上手く撮れていなくて、省かせて頂きます。。。すみません。
でも、どれもこれもキチンと和の基本をまもりつつ、アメリカの空気を取り込んだ斬新なお料理達でした!

〆にはやはりデザートでしょう。
これも和と洋の融合です。

豆乳のフラン
雪見大福(のようなもの)
クレープにクリームとあんこを巻いたもの
など。

一人ずつ、違うのをオーダーし味見し合いました♪
d0129736_18334774.jpg

最後に、イベントを支えて下さった2本柱の山岸さん(右から3人目)と三木さん(左)も加わって記念撮影。

イタリアンレストランの居抜きだという店内は和食のイメージはなく、とってもオシャレで落ち着ける感じです。

NYではぜひ、「和参」へ足をお運び下さいね!
[PR]
by yuka-729 | 2012-08-02 18:41 | Life | Trackback