かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

甘酒造りは一期一会

いつも
同じ材料、
同じ道具、
同じ方法、
同じレシピ。

でも、微妙に仕上がりの甘さや
風味に違いが出る甘酒。

甘酒を仕込む時はいつも
「頼むよ、オリゼー。いい仕事してね♡」
「いつもいつも有難う♡」
と語りかけます。
すると、いつも美味しく醸されてくれます。

d0129736_21201956.jpeg

今回は特別甘く、風味よく仕上がった!!

「やるな!オリゼー!!今日はどうしたん?」

麹は生き物。
こちらの気持ちを敏感に感じ取ります。

美味しく発酵食を仕込むには
愛と感謝の気持ちで
菌と向き合うのが秘訣です(*^^*)

クリーミーで蜂蜜のように甘くてまろやかな
おいし甘酒を今日も有難う。


[PR]
by yuka-729 | 2017-05-28 21:18 | Food diary | Trackback

糀の醸し肉

塩糀を混ぜたブライン液に
お肉を漬け込み冷蔵庫で4日間エイジング。
香りづけにニンニクとセロリは欠かせない。

鶏はグリルで、
豚はフライパンで、
肉のジューシーさを逃さぬように焼く。

d0129736_19105583.jpeg

発酵・熟成とは偉大なるシェフだと思う。
調味料の味付けだけで
この複雑さと奥行きのある
繊細な味はつくれません。

[PR]
by yuka-729 | 2017-05-26 19:06 | Food diary | Trackback

蕨を愛でる

長野の高原で採れた蕨を頂いた。

蕨といえば、
子供の頃、毎年近所の丘に
祖母と散歩がてら採りにいった。
蕨ご飯にするのがいつも楽しみだったなぁ〜

d0129736_07401445.jpeg

重曹でアク抜きして、
ナムルと混ぜご飯にしてみました。

d0129736_07413886.jpeg

素朴な春の味覚。
元気が出ます。

d0129736_07420319.jpeg




[PR]
by yuka-729 | 2017-05-24 07:34 | Food diary | Trackback

甘酒シャリの手まり寿司

私は寿司飯に砂糖を使いません。

そもそも、お料理にお砂糖を使いませんので。

代わりに甘酒を使います。

甘酒、純米酢、粗塩を混ぜて寿司酢を作り、
それを温めて炊きたてご飯に混ぜ込みます。

米の旨味が引き立つとても美味しいシャリになります。

とても新鮮な活きた平目と鯛をさばいてもらったので、
軽く昆布〆にして、甘酒シャリと共に手まり寿司にしました。

d0129736_22365149.jpg


そのまま食べても美味しい白身魚の昆布〆♬

d0129736_22375396.jpg

シャリは一口大のミニサイズにするのがポイント。
春らしく、菜の花と山椒の葉でトッピング。
黒い粒々はキャビア♡
ヨーロッパ帰りの友人の差し入れです。

こんなに贅沢な手まり寿司はなかなか食べられませんね。


いい素材を前にすると緊張します。
素材力を活かせた時は安堵します。
美味しい笑顔に逢えると幸福です。
甘酒で調えたシャリが味の決め手。
アルバリーニョとマリアージュ♬
[PR]
by yuka-729 | 2017-05-23 22:42 | Food diary | Trackback

本物の味「福みりん」

ippinの最新記事は

金沢が誇る老舗造り酒屋が醸す本物の絶品味醂、
「福みりん」のご紹介です!

コチラから是非ご覧下さい!
[PR]
by yuka-729 | 2017-05-12 10:12 | Publicity | Trackback