かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

レモンサンダルウッド

いつも愛用しているヤングリウ゛ィング社の精油を注文したとき、会員キャンペーンでもらった石鹸がとっても良いのです。
d0129736_123436.jpg
無添加でナチュラルな石鹸です。自分で手作りする石鹸と質感が良く似ています。
ヤングリウ゛ィングの良質精油が豊かに香ります。
香りはいくつか種類がありますが、私はレモンサンダルウッドを選びました。
サンダルウッドは白檀のこと。
子供の頃、母の香しい白檀の扇子が好きでした。サンダルウッドは子供のころから親しんだ懐かしさを感じる香りです。心が落ち着きます。


この石鹸で顔を洗うと、まずトップノートのレモンが香り、その後にベースノートのサンダルウッドの香りがふわ〜〜っと浮かび上がってきます。続いて2つの香りが合わさって漂います。
顔を洗いながら香りの変化が楽しめ、洗い上がりは何とも豊かな気分になるのです。
[PR]
# by yuka-729 | 2007-11-08 12:15 | Beauty&Health

成功の秘訣

最近、海外で活躍している日本人をクローズアップした番組を良く見かけます。

異郷の地で辛く厳しく貧しい下積み時代を乗り越えて、自力で活路を見出し一流となった人たち。
彼等に共通していることは決して諦めずに頑張り続けたということ。
自分の夢を実現する為に、前を向いて歩き続けたということ。
強く強く信念を持ち続けるということは、とても難しいことだけれど、
だからこそ、その強い精神力でつかみ得る物は大きいのだと思う。

諦めずに前を向き歩み続けること。
地道に積み上げた物はとても大きいパワーを生み出す。

Never give up.

常に上を求めて一歩一歩踏み締めよう。
[PR]
# by yuka-729 | 2007-11-02 15:24 | Spirituality

黒目豆のトマト煮

d0129736_14591922.jpg
黒目豆をトマト、玉ねぎ、人参と一緒にほっこりと煮込みました。味付けは塩のみ。ドライミントを加えて。
パンと良く合います。
[PR]
# by yuka-729 | 2007-10-21 15:01 | Food diary

ひじき

d0129736_12543795.jpg
海藻は積極的に毎日でも食べたい食材ですが、ついつい忘れてしまいがち。
我が家では一番手軽に使うのがひじきです。
今日は野菜と一緒にきんぴら風に炒めるのと、マリネ仕立てのサラダにしました。
煮物にするのが一般的ですが、炒めたり、火を通さずにサラダにする方が食べやすいし、さっと作れるので好きです。

ひじきは乾燥させる前に火を通してあるので、水戻ししただけでそのまま食べられるんですよ。
仕上げにごま油をきかすと美味しいです。
[PR]
# by yuka-729 | 2007-10-20 13:01 | Food diary

ふかしいも

d0129736_12473528.jpg
さつまいもはおやつに最適。
じっくりゆっくり火を通すのが甘さを引き出すコツ。私は茹でずに蒸すのが好きです。
茹でるとどうしても水っぽくなるし、栄養も流出してしまう。野菜は何でも蒸すことが多いですね。味が濃く仕上がりますから。

このさつまいもは輪島から義母が送ってくれたもの。地元の農家の方が作った素朴なお芋です。とっても甘くてホクホクで、栗のようです。
ついでに、一緒に送って来たさや豆も蒸しました。なにもつけずにそのままで十分美味しい。
[PR]
# by yuka-729 | 2007-10-20 12:57 | Food diary

アクティベータ−メソッド

私が愛用しているカイロプラクティックのクリニックではアクティベータ−メソッドを用いています。

いつも行くとまずうつぶせに寝て、指示を受けながら足を曲げたり伸ばしたり、腕を曲げたり伸ばしたり、首をひねったり、頭を持ち上げたりしながら、バチンバチンとアクティベーターを当ててもらうのですが、一体何をやっているのか不思議で仕方が無かった。
治療法としては一見とても地味な手技なのですが、ちゃんと身体の不調が正されるからますます不思議。
そこで、ちょっとネットで調べてみました。

色々と専門的な内容はよく分かりませんが、とにかくとてもホリスティックな治療法だということが分かり、納得。
ますますアクティベーターメソッドが好きになりました。
[PR]
# by yuka-729 | 2007-10-18 14:53 | Beauty&Health

三五八漬け

最近お気に入りのお漬け物。
d0129736_132031100.jpg
塩3:麹5:米8の割合で漬け床を作るから三五八漬け。
炊いたお米と麹で甘酒を作り、塩を混ぜるだけで簡単に漬け床が出来上がります。でも、塩を三の割合で加えると塩辛くなり過ぎるような気がするので、好みの加減にテキトーに調節しています。
切った野菜をポイポイと漬込んでおけば自然と美味しいお漬け物に変身してくれる。
麹の甘みがほんのり効いて優しい味わい。
野菜の水分で床がゆるくなればスポンジで水分を吸い取り、ご飯と塩を足して行けばずっと使い続けられます。糠床を育てて行く感覚ですね。でも、手荒れがちな為に塩気がしみて素手で糠床をかき回せない私としては三五八漬けの方が扱いやすくらくちんです。
保存は冷蔵庫ですが、作り立ての床は1日くらい常温で発酵させた方が味が乗ってくるのが早いかも。

野菜によって食べごろになる日数は異なりますが、だいたい2〜3日頃が美味しい。
特に大根は麹との相性も良いみたい。茄子もうまい。

この三五八漬けは肉や魚を漬込んでも美味しいのだとか。
木綿豆腐をガーゼに包んで4〜5日漬込めばまったりとした味わいになってご飯のお供に、お酒のおつまみに最適です。
d0129736_13341399.jpg
今朝の朝食でもいただきました。おやつにもポリポリ食べたりします。
[PR]
# by yuka-729 | 2007-10-16 13:38 | Food diary

1日の始まりにホットソイ甘酒

d0129736_13462934.jpg
朝起きてから朝食までどれくらいの時間が空くでしょうか?
よく、午前中は身体の浄化期間だから朝食は摂らない方がいいという事も聞きますが、減量ダイエット的には朝起きて出来るだけ早いうちになにか口にした方が1日全体でのカロリーコントロールはしやすいと思います。
前の晩食事をしてから次の朝食事をするまで、とても長い時間が空きます。日中は4〜5時間の間隔で食べるのに対し、10時間〜12時間くらい空くのが普通だと思います。
その長時間、身体には栄養補給がなされないため、朝起きた時は低血糖状態になっていて、朝食までの時間が空けば空くほど、血糖値は下がり、身体は飢餓感をもってしまい、とても栄養を吸収しやすい状態になり、食べ過ぎてしまいがちになるそうです。
これは私も経験から実感していることで、朝起きて1時間以内に軽く物を口にすると後々の食欲が穏やかになります。

最近は涼しくなって来たので、ホ〜ッとあたたまるものが良いですね。
お気に入りはこのホットソイ甘酒。
豆乳100ccに水50cc混ぜて、塩を軽くひとつまみと自家製甘酒を大さじ1弱加えて鍋で温めます。水を少し混ぜる所がポイントで、こうするとさらりと飲みやすくなります。甘みはごく控えめでさっぱりとしたホットミルクのような感じです。牛乳が生臭く感じていまいち苦手な私としてはこっちの方が断然美味しい!!それに豆乳の方が低脂肪なのでダイエット食としても優秀です。
甘酒は穏やかに血糖値を上げてくれる炭水化物(甘味料)なので、優しく食欲をなだめてくれますし、アミノ酸も豊富に含まれる健康食でもあります。
このホットソイ甘酒は起き抜けの胃袋にも負担がなく、朝一のドリンクとして最適だと思います。
お好みでインスタントコーヒーやココアや抹茶などを加えてアレンジしても楽しいですよ♪
もちろん豆乳が苦手な方は牛乳で作っても美味しいとおもいます。牛乳と甘酒の相性もとても良いそうですから。(私は試したことが無いのですが、飲んだことのある人が言っていました。)

豆乳はマルサンの有機豆乳無調整がオススメ。豆乳独特の青臭さが無く、とても飲みやすいんですよ。
[PR]
# by yuka-729 | 2007-10-13 14:31 | Food diary

お味噌汁

d0129736_15302854.jpg
ほぼ毎朝のんでいます。この一杯にものすごい元気がつまっている。
[PR]
# by yuka-729 | 2007-10-12 15:32 | Food diary

可能性は自分で作る

「出来ない」とか「苦手」とか思った時点で、可能性は閉ざされてしまいます。


子供の頃私は運動が苦手でした。
かけっこやマラソンは特に大嫌いで、すぐに息があがり、いつもビリっけつ。唯一、6歳の頃に始めた水泳だけは大好きでしたけれど。
でも、1年半前に始めた剣道がきっかけで、私の運動嫌いは一変しました。
剣道を始めたのは軽い好奇心からでしたが、やってみると自分でも驚くほど夢中になってしまいました。
剣道はとてもハードなスポーツです。身に着ける胴着、防具、竹刀をあわせると約8キロもあります。それらをしょって竹刀を振り回し飛び跳ねるには相当体力を要するし、消耗します。
でも、ちっとも辛いと思わないし、稽古を重ねることが楽しくて有り難くって仕方が無いのです。
激しい筋肉痛や腱鞘炎などを繰り返し、稽古を重ねた結果、知らない間に筋力と心肺機能が向上し、いつの間にか3キロくらい難なくジョギング出来るようになっていました。(3キロ以上は走ったことがないのでわからないけど)剣道を始める前は1キロだってまともに走れなかったのに!!
その時私は「人間やってやれないことはないんだ。」と思いました。
子供の頃から走ることが苦手だったのは、たまたま学校でかけっこをした時に皆より遅かったために「自分は走る能力が劣っている」と思い込んでしまったからなのです。
たまたまその時速く走るために必要な体力が鍛えられていなかっただけのことなのであって、早く走るために必要な要素を鍛えれば誰でもそれなりに走れるようになるのです。

もちろん、何ごとも上達させる為には努力を重ねる必要がありますが、その努力に取り組めるか取り組めないかも自分の意識次第なんですよね。
「いやだ」「辛い」「嫌い」「出来ない」と否定的に向き合った時点で、自分はその物事を遠ざけ逃げてしまっている。これではとても上達は望めません。
難しくっても「やりたい」「楽しい」「好き」「出来る」と自分から積極的に取り組めば、必ず可能性は広がって行くのです。


剣道の稽古でも、向き合う相手によってやりやすさとやりにくさがあります。
安心して飛び込んで行ける相手、自信を持って向き合える相手がいれば緊張する相手、何だかとってもやりにいくい相手など様々です。
ポジティブに向き合える相手とやるととても調子が良いのに、ネガティブに向き合ってしまう相手だとどうも上手く行かない。上手くやろうと思えば思うほど硬くなってヘマをしてしまうのです。
向き合う相手によって発揮出来る能力の度合いが変化してしまうのです。
相手を見て「苦手だ」「怖い」「いやだな〜〜」と思った時点で自分の能力にブロックをかけてしまうのです。

苦手意識というのは自分自身が作り出した幻想なんですよね。そんな儚い幻想ごときに自分がコントロールされてしまっているなんて悔しいじゃないですか!
意識を変え、克服することはなかなか簡単にはいきませんが、「大丈夫」「出来る」「大したことない」と自分に暗示をかけて積極的に取り組めば必ず乗り越えられると思います。だって「苦手だ」という想いも、自分でかけた暗示なのだから。

どんなことでも本気になれば可能性は無限に広がります。
本気になるってことは楽しいことです。楽しいからこそ本気になれる。楽しさにはとても大きなパワーが宿るんですよね。

私は30過ぎにしてスポーツに目覚め、自分の可能性を追求することを楽しんでいます。
今まで、出来ないと思い込んでいたことが出来るようになった事が本当に嬉しい。
どこまで行けるだろうか? どこまでも行ってみせよう!

「無理」とか「限界」とか「常識」などの概念から自分を解放すれば可能性は無限に広がるのだから。
[PR]
# by yuka-729 | 2007-10-06 15:49 | Spirituality