かむたちのはな 〜小紺有花のEnjoy! KOJI Life〜

yuka729.exblog.jp
ブログトップ

ししっぽ

d0129736_1548557.jpg

今日は曇り空ながらも小春日和。
咲き始めの桜を愛でながら家族で散歩をしました。
折り返し地点の近江町市場で買い物をしました。
いつも小さい半端な規格の魚を大安売りしている魚屋が有ります。
そこで見つけたししっぽが超お買い得でした!
13匹一盛りでなんと150円!!
夫が七輪で焼こうと言うので購入。

小さいの大きいの並べて焼くと親子こいのぼりのよう。

炭火で焼いたその味は格別で、子供達も大喜び。
火を焚くというのは人を興奮させるのでしょうか、
親子4人で七輪イベントにご機嫌でした。

庭先でじくじく魚を焼きながら、日本酒をちびちびやりながら
150円の贅沢な休日の昼下がりでした。
豊かさや贅沢とかって、つくづく貨幣価値ではかれるものではないなぁ~と思いました。

因みに「ししっぽ」は「かながしら」とも呼ばれており
ブイヤベースにはなくてはならない魚ですね。

塩焼きして醤油をちょろっとかけるのが能登流。
[PR]
# by yuka-729 | 2008-04-02 15:48 | Food diary

豆の煮汁でスープ

d0129736_1921044.jpg

豆の煮汁は捨てるべからず。
とても美味しいお精進の出汁になります。

玉ねぎ、人参、大根葉をオリーブオイルで炒めて
豆の煮汁を注いで煮込む。
今回は白いんげんの煮汁を使いました。
塩胡椒、醤油で味を整えれば美味しいスープの出来上がり。
コンソメなどのスープの素なんて目じゃない。
本当に上等なスープです。

優しい味が体に染み渡ります。
[PR]
# by yuka-729 | 2008-03-23 19:02 | Food diary

玄麦バーグ

d0129736_1851244.jpg

子供達と一緒に作りました。
最近、子供達は料理を良く手伝いたがります。
出来ることが少しずつ増えてきて、頼もしいかぎりです。


炊いた玄麦を冷凍してあったので、
自然解凍して、おからと全粒粉と塩を混ぜてこねました。
冷蔵庫に残ってあったキンピラゴボウも混ぜ込みました。
後は平べったく形を整えてフライパンで焼くだけ。
玄麦がプチプチして香ばしい♪

菜花と白いんげん豆と炒め合わせを付け合わせました。

子供達は自分達で作ったこともあって
「どんだけ美味しいねんてぇ~!」とノリノリでバクバク食べていました。
[PR]
# by yuka-729 | 2008-03-23 18:51 | Food diary

全て繋がっている

思い出は風化しながら
記憶は浄化されながら
新たな気付きとなって
智慧を授けてくれる。

人との繋がりは面白いもので
常に「想い」は相手と共有している。
諦めずに、真っすぐに向き合えば
誰とでも分かり合えるのだ。

この世の顕現は全て連鎖している。
複雑に入り組んだ現象も
たぐり寄せれば1つ所に辿り着く。

浮かんでは消える泡のような幻想に
翻弄される世の中を
愛の連鎖で満たせればいいな。
[PR]
# by yuka-729 | 2008-03-14 16:23 | Spirituality

小松菜

d0129736_137493.jpg

近所の八百屋に地域の農家さんが作った小松菜があったので買ってみました。

でも小松菜って、実はあんまり好きな野菜ではなかった。
嫌いではないけれど,うま味が少ないくせに苦みがあって、筋っぽい。
安い時にとりあえず買っていたというくらいでした。

でも、この小松菜は違った!
葉は肉厚だけど、柔らかくて歯切れも良い。苦みは少なく、うま味が濃い。
野菜の力がみなぎっているという感じです。

シンプルにドレッシングをかけただけのサラダにしても美味しかったです!

あとは、定番の薄揚げとの煮浸しに。出汁なしの醤油と胡麻油だけの控えめな味付けでも十分美味しい。
[PR]
# by yuka-729 | 2008-03-06 13:07 | Food diary

思い立ったら吉日

思い立ったら吉日。

私はそんなタイプです。
昔っからそうでした。

子供の時、良く母や祖母に感心されました。
「これ!と思ったらすぐに行動するよね。」って。

私はどうも、センサーがピピピッと反応すると、パッと飛びつくタイプなんですね。
あんまり、後先考えない。
ピピッと来るまではのんべんだらりと過ごしているんだけど、
反応した途端、行動しまくるんです。

後先考えるから人って動けなくなるんだと思います。
もちろん、熟慮に熟慮を重ねた方がいい事もあります。
でも、どんな場合もまず、目標や目的を明確に捉える事。
この作業は素早くやってしまったほうが絶対にいいと思います。
それが無いと、動きようが無いから。

で、その目標や目的に到達するための方法はあまりくよくよ考えない。
目の前にある課題から手を付けて行くけば
自然とお導きがなされるものなんです。
あんまり先々考えて、身構えし過ぎると途方に暮れてしまう。
それだけで疲れてしまってめんどくさくなってしまう。

ひとつひとつやるべき事を積み重ねていれば
自然と勢いも気分も盛り上がってくるし、
気がつけばゴールに到達している。
始める前は、あんなに高かった山の頂きがもう目の前に来ている。
有難いなあ。すごいなあ。

そんな事を、実感しながら過ごしている今日この頃です。
[PR]
# by yuka-729 | 2008-02-19 14:14 | Spirituality

白いんげん豆と林檎の甘煮

d0129736_1791874.jpg

柔らかく下ゆでしたいんげん豆とさいの目に切った林檎を鍋に入れて、水大さじ2杯ほど、塩少々、てんさい糖シロップ少々、シナモンスティック少々を加えて
林檎が柔らかくなるまで煮含めます。

甘煮と言っても甘味はほとんど林檎で出しています。

すっごく美味しい!
炊き上がりの香りが最高です。
ずいぶん前から知っていた料理だけど、何で今まで作らなかったんだろう?

子供のおやつにも最適ですね。
[PR]
# by yuka-729 | 2008-02-11 17:09 | Food diary

ブラックベリーのケーキ

d0129736_11123468.jpg

冷凍しておいたブラックベリーを焼き込みました。
表面にてんさい糖の粉をふりかけて焼いたので
その香ばしい甘さが良いアクセントになっています。

見た目にも華やかな幸せ~なケーキになりました。
[PR]
# by yuka-729 | 2008-02-07 11:12 | Food diary

節分

d0129736_1245258.jpg

昨日、近所の神社の豆まきに子供たちが行ってきて、
沢山いり豆を拾い集めて帰って来ました。
香ばしく深煎りされた豆はそのままでもやめられない止まらない美味しさで
子供たちも「もうガマンできん」と言いながら
夕飯まえにも関わらずボリボリ。

今朝はご飯に炊き込みました。
昆布出汁に醤油で味付け。
白菜とネギがトロトロになった味噌汁をすすりながら
滋味あふれる味覚と共に福をいただきました。
[PR]
# by yuka-729 | 2008-02-03 12:45 | Food diary

アフガニスタンの豆スープ

ご無沙汰して失礼致しております。

毎日毎日料理はしているものの、作ったそばから「さあ〜〜食べて〜〜〜!」
と慌ただしくしていますので、ゆっくりと盛り付ける暇も写真を撮る余裕もないままに料理達は腹ぺこ野郎どもの胃袋へと流れ込んでゆくのでした。

楽天堂の豆料理クラブには2年ほど前から会員になって豆料理セットを送ってもらっていますが、添付のレシピ通りに作った事はほとんどありませんでした。
作りたい時に材料が全部揃っていなかったり、その時の気分によってついついアレンジを加えてしまうのでした。

でも、今回はほぼレシピ通りに作ってみました。
d0129736_14161430.jpg
ハーブスパイスコース冬号の「アフガニスタンの豆スープ」です。
ちょっと煮詰まってスープッ気が少ないのと、仕上げに入れるヨーグルトを省いている意外はほぼレシピ通りです。
このレシピのポイントは乾燥ディルを使っている点でしょうか。ディルは控えめだけれど存在感のあるハーブですね。今まであまり馴染みがなかったけれど、使い勝手が良さそうなので、今度育ててみようかな。

あと、このスープはひよことムング(緑豆)の2種類の豆をつかっているのも面白いです。ひよこ豆は存在感があり、ムング豆は煮込むとスープと馴染んで優しいとろみや舌触りを生んでくれます。

トマトベースの煮込み料理は沢山あるけれど、使うハーブやスパイスで色んな国の表情を見せてくれます。
[PR]
# by yuka-729 | 2008-02-01 14:26 | Food diary